皇帝 の 新しい 心。 《私の本棚》No.3『皇帝の新しい心』書評 森下直貴

『皇帝の新しい心―コンピュータ・心・物理法則』(ロジャー・ペンローズ)の感想(17レビュー)

以下は、同書所収「ペンローズインタヴュー」(竹内薫・茂木健一郎訳)から。 それが、決定論か非決定論か、計算可能か計算不可能かという二つの区分原理である。 テレビもネット参加の映像を試みているけれど、いまのところ芸がない。 ペンローズはAIの本質を「アルゴリズム」に見る。

もっと

皇帝の新しい心 コンピュータ・心・物理法則 : ロジャー・ペンローズ

著者はきっと若いときからその科学の目的を見据えて学者としての道を歩んで来たのでしょう。 経営もしだいに逼迫していくだろう。 1958年、立教大学理学部物理学科卒業。 たとえばベンヤミンやポランニーやエドワード・ホールだ。 イーワルドの言い分から今回のCOVID19のことを類推すると、武漢での飲料水や糞尿や補水がカギを握っていたということになる。 143• おかしくないほうが、おかしいほどだ。 ただ、すでに満杯である。

もっと

皇帝の新しい心 コンピュータ・心・物理法則 [ ロジャー・ペンローズ ]

彼によれば、人間の心の働きはーそして、猿やイルカの心でさえー、すでに存在するいかなるコンピュータともまったく異なっている。

もっと

皇帝の新しい心 / ペンローズ,ロジャー【著】〈Penrose,Roger〉/林 一【訳】

60年代半ば、ぼくもその一翼にいたのでよくよく実感したが、わかりにくければそれでいいというほど、舌足らずでもあった。 配架といっても、全館の書棚にはすでにおそらく6万冊以上の本が入っているので、こちらももはや溢れ出ている状態だ。 1933年、台北市に生れる。 2 アルゴリズムとテューリング機械 3 数学と実在 4 真価、証明と洞察 5 古典的世界 6 量子マジックと量子ミステリー 7 宇宙論と時間の矢 8 量子重力を求めて 9 実際の脳とモデル脳 10 心の物理学はどこにあるのか? 1958年、立教大学理学部物理学科卒業。 これらの問いに答えるため、適当な書物はないかと記憶の倉庫を探ったとき、本書を思い出した。 現代では、ともすると、学問の細分化された個々の分野で日夜刻苦勉励しそれなりの成果をあげるのが、学者の世界からも社会からも期待されています。 1970年の詳細な年表も挿入されている。

もっと