木 へん。 難読漢字「柾」(木へんに正しい)は何と読む?

「木」へんの漢字

バラ科の植物「甘棠」 漢字の成り立ちをまとめた中国の古典『説文』では、「杜」について「甘棠(かんとう)なり」としています。 このため、優れた指導者や政治家を強く慕うことを「甘棠之愛」といいます。 次に、木へんに神の「榊」のこと・「榊」の熟語・「榊」の音読みと訓読み・「榊」の使い方などの紹介をします。

もっと

この地名の読み方を教えてください

「榊」の総画数は14画になります。 「榊」の語源は、神と人との境であることから「境木(さかき)」の意であるとされています。 「ヒサカキ」は、「シャシャキ」・「シャカキ」・「下草」・「ビシャコ」・「仏さん柴(しば)」・「栄柴(サカシバ)」などの地方名で呼ばれることが多いようです。 「柾」 の読み方と意味 「柾」 は、「まさ」、「まさき」と読みます。 柾目(まさめ) 「正目」とも書きます。 「榊」には音読みはなく、訓読みは「さかき」になります。 「柊」の使用例 「柊」の漢字は、四字熟語やことわざ、慣用句などには使われていません。

もっと

部首「木(きへん)」の漢字一覧

+6画• しかし一方、庭木として使用頻度の高い「金木犀」や「山茶花」などは木へんの漢字がもらえずにいるなど、調べるほどに興味は尽きません。 +5画• +9画• 樹木の種類・木製品などに関する漢字、「きへん」を含む漢字などが集められています。

もっと

木へんに冬(木冬)と一文字で書く漢字「柊」の読み方、使い方、意味等を解説!

ですので、「杦」は「杉」読みも、意味も全く同じです。 古代中国で、お酒を初めて作った杜康(とこう)という人がいました。 「杜氏」の「氏」は、氏族を意味しています。 「榊」と「ヒサカキ」は混同されやすいので、榊は「本榊(ホンサカキ)」とも呼ばれることが多いようです。

もっと