大岡 裁き 意味。 珍獣の館・今昔かたりぐさ

帯久(おびきゅう): 乱志&流三の落語徘徊

三両を拾った金太郎は、落とし主の熊五郎に財布を届けると、 熊五郎は落として諦めた金だから、お前にやると言うわけですが、 この噺を聞いている多くの者は、金太郎に感情移入し、 落とし物を届けてくれた相手に、礼も言わない熊五郎に、 反感を持ちます。

もっと

帯久(おびきゅう): 乱志&流三の落語徘徊

寺社奉行の時の「大岡忠相日記」は、吉宗の頃の幕閣運営の実態を示す好史料として残っている。

もっと

大岡忠相

吉五郎は受け取るどころか大家にも毒ズキ啖呵を切る。 子を引き合う話は旧約聖書の列王紀にソロモン王の逸話として出てくるのと似ている。 よく記録を振り返っていくと、時代劇のそれとはまた違った江戸時代の裁判記録を見ることができます。 江戸町奉行職というのは、現在の 知事と警察署長、裁判官を一人でになっているようなものです。 しかし元を辿ればどちらかが悪なわけで、 悪くないのに両成敗される側は たまったもんじゃありませんね。 金太郎の大家はその話を聞いて「おまえの顔は立ったが、俺の顔が立たない。 隣町本町二丁目に帯屋久七が住んでいた。

もっと

「大岡裁き」は最悪の判決である

そちは左を持つがいい。 仮に本式の訴訟手続きに成ったとしても、1年や2年は楽にかかると思いますし、証人尋問等で多額の訴訟費用を要します。

もっと