羅生門 感想。 芥川龍之介『羅生門』読書感想文|悪人上等。

【芥川龍之介】『羅生門・鼻・芋粥』感想文〜感想のみ、大人向け

『芋粥』を読み終わって吐き気がした。 こつこつ勉強していなかったため、テスト前日にヤマを張らざるをえないときありました。 下人が羅生門の様子をうかがうときは「猫のように身をちぢめて」。 『羅生門』はどんな人にオススメ? 『羅生門』は黒澤映画が好きな人におすすめしておこう。

もっと

羅生門(1950) の レビュー・評価・クチコミ・感想

私には、その測り知れない苦しみが伝わってきます。 あれは確か入学したての頃だったと思う。 芥川の生きていた時代は、旧き日本の心と、新しき西洋の心が入り混じった時代だったんです。

もっと

【芥川龍之介】『羅生門・鼻・芋粥』感想文〜感想のみ、大人向け

盗賊になるしかない、と考えるしかない時代というのは、そういう時代に生まれていない私には少し想像ができません。 杣売りは、最初に自分が金沢の死体を発見し、それが理由で検非違使に参考人として呼び寄せられたが、その裁判で多襄丸、そして妻、そして金沢の魂を呼び寄せるという巫女の3人で、意見が食い違っていることを恐ろしく思うのだった。

もっと

【ネタバレ感想】『羅生門』は、人間の醜さが描かれているヒューマンドラマ映画だった

時は平安時代の乱世、都にほど近い山中で侍夫婦が盗賊に襲われ、夫の侍が殺されます。 このふたつの描写と、その絡まりあいがあまりに絶妙で、妙な現実感を醸し出している。

もっと

芥川龍之介『羅生門』読書感想文|悪人上等。

少し思ったこと。 上映終了• 男前だし、野生の雰囲気は素敵なんですが、演技はちょっとオーバーですね。 ハイテクで便利になったが、逆に人間の心が荒んでしまっているように感じることは少なくない。 それは『羅生門』に限らず、この手の類のサスペンス映画にはありがちなことなのかもしれないが、やはりそのだるさは否めないだろう。 と、私はこんな風に思った。

もっと

『羅生門 [Kindle]』(芥川竜之介)の感想(70レビュー)

特に、私が気になったのは、「勇気」という言葉の使い方です。

もっと