ドーナツ ロボティクス。 10m先のスマホで話せるスマートマスク「C

afterコロナに注目のロボットベンチャー!羽田空港ロボットプロジェクト採択の「無人受付ロボット」と、新開発のコロナ対策「スマートマスク」で次世代をリード

今回の調達金額を当該役員借入金の返済に充当しない旨の経営者確認書を入手しています。 その他の取り組みについては からご覧ください。 今後もさらにドーナッツロボティクスの皆様と、夢に向かって一緒に歩んでいきたいと願っております。 ・すでに、東証一部上場企業などからも出資を受けている• そのため、将来的に投資家還元の方法として配当を実施する可能性はありますが、事業計画の期間においては配当の実施を予定していません。

もっと

ホームロボット開発のドーナツ・ロボティクス社への資本参加|株式会社エボラブルアジアのプレスリリース

また、新たにスマートマスク「c-mask シーマスク 」の開発も行いました。 One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業、ITオフショア開発事業と投資事業を手掛ける株式会社エボラブルアジア 本社:東京都港区、代表取締役社長:吉村 英毅、証券コード:6191、以下当社 は、小型ロボットの開発・製造・販売をおこなうドーナツ・ロボティクス株式会社(本社:福岡県北九州市、代表者:小野 泰助、以下ドーナツ・ロボティクス社)の第三者割当増資を引き受け、資本参加いたしました。 QAの回答も明快で、全体的にビジネスプランはよく、先々も考慮したよいビジネスプランに見えた。 ロボットベンチャー• 発行者は創業以来、配当を実施していません。 発行者の資金調達計画(今回の募集株式の発行による増資を含む)が想定通りに進行せず、事業拡大に必要な資金が調達できない場合、事業計画及び業績に影響を及ぼす可能性があります。 また、機能拡張ができることも強みとして謳われています。

もっと

【FUNDINNO 第130号】ドーナッツロボティクス株式会社とは?IPOでのリターンは?気になったことをまとめてみた!|雑記ブログ1999

但し、現時点では上記資金調達が実行される保証はありません。 また、スマートマスクは3,980円 税抜き で販売することを予定しています。

もっと

企業情報

現在の「働き方改革」の流れの中、ロボット技術は「省人化」の切り札として、産業分野を中心に脚光を浴びるようになっています。 5%)相当額)が支払われます。

もっと