恋愛 マンガ。 恋愛がメインじゃない少女マンガ

「ドラマ化作品も大注目!恋愛マンガ(漫画)おすすめ21選&人気ランキング”学園・青春もの、切ない恋、もどかしい恋、禁断の恋…ときめくマンガを厳選“」

また、普段は明るく振る舞っている新太が見せる葛藤や悩みは読んでいて切なくなってきます。 ギャングの娘とニセモノの恋人関係• 週刊少年マガジン• 複雑な四角関係を描いた恋愛系• 「いくえみ男子」という言葉も生んだ、どこか飄々とした男子たちが数多く登場するのも見どころのひとつです。 ヤンキー君とメガネちゃん 週刊少年マガジンで連載されていた学園マンガ。

もっと

恋愛マンガ「1万ページ」を統計分析 浮かび上がった「女心」とは?

恋愛ほぼなし。 決断の時間が迫っていることを感じながら揺れ動いている人は共感必至! 姉の結婚 多彩な作品で知られる名手・西炯子がアラフォーの恋を描いたのが本作。 火ノ丸相撲 週刊少年ジャンプで連載中の相撲マンガ。

もっと

「胸キュン少女マンガ【2020】ランキング&おすすめ~人気・名作~」

3000円 税込• 460円 税込• 2017年• ここから 二人がタッグを組んで戦っていく姿に勇気をもらえます。 鋭く、かつアラサーにとっては非常にキツい視点で女性の恋愛や結婚、人生について描いた傑作です。 495円 税込• 2017年• 恋物語であると同時に、怪我により陸上を諦めた少女と、小説家という夢を諦めた大人が、輝かしいものを取り戻す青春の物語でもあります。 春道がいなくなり、各派閥による争いが絶えない鈴蘭男子高校を舞台に、ケータイの電波が届かない「圏外」から来た新入生の主人公・月島花が鈴蘭史上初となる番長を目指す物語で、底抜けに明るく誰にでも平等に接する花の姿に惹きつけられます。 ピュアで純情な青春を送る高校3年間に懐かしさを覚えるでしょう。 日本のみならず世界でも知られる傑作です。

もっと

恋愛マンガ「1万ページ」を統計分析 浮かび上がった「女心」とは?

彼の魅力を堪能するだけでもじゅうぶんにおいしいマンガですが、風早に影響され少しずつ変わっていく爽子の眩しい成長も大きな作品の魅力です。 祥伝社• しかし、この物語の主人公はそうではありません。 32巻• 一方で学校で男女ともに人気のクラスメートである男子学生と 友情や恋愛・進路について一緒に成長していく、高校生活の青春を描いています。

もっと

「胸キュン少女マンガ【2020】ランキング&おすすめ~人気・名作~」

かつて烏野高校で活躍した名選手「小さな巨人」に憧れ、バレーボールを始めた主人公・日向翔陽が中学生の時に惨敗した「コート上の王様」影山飛雄と烏野でタッグを組み、県内や全国にいる強豪に立ち向かっていく物語で、緻密で躍動感のある試合の描写に心を鷲づかみにされます。 王道系の恋愛漫画が好きな方におすすめです。 講談社• 過去の恋愛経験によりこじらせて、思うようにうまくいかない恋愛に葛藤する主人公の姿に共感してしまうでしょう。 黒子のバスケ• 男性です。

もっと

「胸キュン少女マンガ【2020】ランキング&おすすめ~人気・名作~」

青空エール 吹奏楽の名門高校に入学した小野つばさと、甲子園を目指す野球部員・山田大介を中心にした学園恋愛マンガ。 。 460円 税込• そこでの大会に「コート上の王様」と呼ばれる選手率いる強豪校と対決し見事惨敗。 お互いに惹かれ合いながらも一歩踏み出せない菜穂と翔の恋模様は切なく、そんな2人のために行動する仲間たちの姿に胸がジーンとしてしまいます。 17巻• イタズラなKiss• 408円 税込• ハイキュー!! 週刊少年ジャンプで連載中のバレーボールマンガ。 新潮社• 50巻• 女性の気持ちがわかり、ときに優しくときに厳しくアドバイスをしてくれつつ、男性としての色気もたっぷりという、理想像のひとつとして描かれています。

もっと

「胸キュン少女マンガ【2020】ランキング&おすすめ~人気・名作~」

モブ子の恋 自分に自信がなく、誰かの脇役だと思っている女の子・田中信子。 牧田さんは、こう分析します。 二子玉川学園高校に赴任してきた主人公の新人教師・川藤幸一が不祥事により活動停止処分を受け、荒れていた野球部を立て直していく物語で、生徒たちに全力でぶつかっていく川藤の姿に心打たれます。

もっと

恋愛がメインじゃない少女マンガ

野球やサッカーなどに負けない、白熱した試合展開にのめり込むこと間違いなしです。 385円 税込• 出会って1年たってようやく「恋と呼んでもいいのかもしれない」と自覚し、それからもデートはおろか、いっしょに帰ったり、お礼を言ったりするのにもドキドキしてしまう、とびきり奥手で引っ込み思案なモブ子の恋愛は、もどかしい反面、だからこそキュンとして、ゆっくり応援したい気持ちにさせてくれます。

もっと