シェール 革命 と は。 「シェールガス革命」と日本

焦点:シェール革命、次はカナダか

理由 3 中国のシェールガスはアメリカより深いところに埋まっている さらに、 中国のシェールガスはアメリカよりもずっと深いところに眠っていることも、中国がシェールガス生産で不利とされている理由の1つなんだ。 そして、それらの技術の1つ1つが中国にとっては少し不利なんだ。

もっと

「シェール革命」の真実|情報センサー2014年4月号 EY Institute|EY Japan

また、シェール資源を含む非在来型資源の開発状況いかんで世界のエネルギー事情が少なからぬ影響を受ける可能性があります。 非FTA締結国へのLNG輸出に関しては、連邦議会内で認可プロセスを短縮化する議論も行われており、今後の動向も注目されます。 2018年はロシアやサウジアラビアを抜いて世界最大の産油国になったとみられる。 一方、シェールガス・オイルは、貯留されているシェール層の岩盤が緻密で油やガスが移動しにくいので、井戸を掘削するだけでは効率的に油・ガスを掘り出せなかったため、世界各地に存在は確認されていましたが、近年まで限定的にしか開発されていませんでした。 このような状態をブレーク・スルーし「シェール革命」に導いたのが、2000年代初めにおける効率的なシェール採掘技術の開発であった。

もっと

原油生産量1位。シェール革命がアメリカ経済を支える。

従来はコスト的、技術的に困難であったの生産が本格化したこと、低コストの非在来型が登場したことによる、これまでのエネルギー環境にもたらされる大きな革新。 特に、経営が強くない企業が売り出している高利回り債(ハイイールド債)では売りが大きく膨らんで、利回りが上昇する現象が見られました。

もっと

シェール革命と米国中東政策の変化

下のグラフはシェール油井の生産量だ。 関連項目 [ ]• 2004年に日量111,000バレルであった原油生産量は2011年には同553,000バレルにまで毎年約26%も増加した。 6米ドル程度ですが、大規模な在来型資源の開発コストはこの半分以下です。 すなわち、代替供給源として想定されてきた輸入パイプラインガスやLNGとシェールガスとのコスト競争力が逆転したのである。 反面、環境汚染や原油価格の低迷など思わぬ影響も出ています。

もっと

シェールガスとは何か?超がつくほどわかりやすく解説

しかし、特定の天然ガス産出国からの輸入に依存せずに、安定した供給が得られ原油価格と連動しない価格交渉も可能になるのではないかと期待されている。 さらに、やはり「掘る」というのがやっぱりハードル高い。 アメリカでは製造業における生産額に対するエネルギーコストの比率が2%程度であるため、大きな影響は現時点では観察されない。

もっと

シェールガス革命

この記事のポイント• そこで、アメリカ環境保護局は2012年4月に基準を改定し、2015年までに全ての坑井でメタンを回収するよう義務付けました。

もっと