専修 大学 陸上 競技 部。 射撃部|専修大学

駒澤大学陸上競技部

射撃競技はオリンピック種目としては第1回アテネオリンピックから採用され、参加国数は陸上競技についで多い。 駒澤大学陸上部で活躍したOB選手、現役選手の食にまつわるインタビューなど。 高校時代は鈴木選手がキャプテン、木村選手が寮長だったそうです。 大学に入ってからは、集中とリラックス、メリハリのある生活を送っています。 その後は実業団のSUBARUで競技を続け、2015年に母校・専修大学でコーチに。

もっと

選手ブログ

「自分に甘い あまえりんたろう」でしたね。 箱根出場を祈願して2016年から準備していた「だるま」に目を入れる瞬間です(撮影:M高史) 学生時代は専修大学の選手として箱根駅伝を走った長谷川監督。

もっと

大学陸上・駅伝

「現地で足を引きずって歩いている時に、たまたま長谷川監督、柴内コーチとすれ違って励ましてくださいました。 お互いライバル意識、競争意識が強まりましたね。 「(同学年の)森島嘉大選手(美濃加茂)が1人で押していける選手で、1km3分ペースで押していってくれると信じて走っていました」。 2016年12月、監督に就任しました。

もっと

射撃部|専修大学

7年ぶりの69回目の箱根駅伝本戦出場が決まりました。

もっと