アポリー 中尉。 Zガンダム レクイエム・9

アポリー・ベイ (あぽりーべい)とは【ピクシブ百科事典】

グリプス戦役ではエゥーゴの急進派を支援して戦争を誘発させるが、その理由は莫大な消費地帯としての宇宙産業を利用して低調傾向の経済を再活性化させることであり、エゥーゴのイデオロギーに共感してはいない。 ティターンズの収容所に夫と一緒に送られた後は行方不明。 彼らは大打撃をくらったね。 劇場版では、との戦いに勝利し無事生還したことを喜び合うカミーユとファの会話を実況する一幕も見られる。 に搭乗し、クワトロ(シャア)を同僚のとともに補佐する。 なら、男らしく扱ってやるよ!」 ファ「やめて! 」 ジェリド「ほら!」 カミーユ「うぅぅ!」 ジェリド「あっはっはっはっは」 カミーユ「くうぅ」 クワトロ「ジオンの寄せ集めで作ったコロニーだとは言うが、ティターンズの秘密基地という話だ。 その名も 「龍飛」である。

もっと

Zガンダムのアポリー中尉カッコよすぎじゃね?

58歳。 フォウを道具として扱っている。 だが連邦軍の実権を握りつつある新参者のティターンズのやり方は快く思っておらず、ティターンズを嫌悪する言動を隠していない。 ガチャポン戦士シリーズで登場する若殺駆頭は「闇将軍」の次でナンバー2のポジション。 検問所で連邦兵からセクハラを受けそうになっていたベルトーチカ・イルマを救う。

もっと

ストーリー

(味方被撃墜時)あっ!味方が!• 一年戦争後にジャミトフが連邦軍内の地球至上主義者を利用して軍閥を形成し、を口実にを設立すると、ブレックスはこれに対抗するために軍内の少数派に成り下がっていた改革派の軍人や財界人への地道な根回しをおこない、の資金力により月面都市やスペースコロニーの一部にシンパを獲得し、クワトロ・バジーナなどの旧ジオンの人脈とも手を組む。 チャン・ヤー [ ] 声 - 喜多川拓郎 ルナツー所属のサラミス改級巡洋艦「ボスニア」の艦長で、階級は少佐。 ブランが戦死したために「」を引き継ぎ、ムラサメ研究所の強化人間であるフォウを戦力に加える。 シャアもブレックスに対しては敬愛の情を抱いており、後述の暗殺の際には悲しんでいる(第24話、劇場版II)。 カミーユとの関係が理由で両親をティターンズに捕らえられ、彼女は失意の中にあった。 第31話ではの発進誘導も担当している。

もっと

機動戦士Ζガンダムの登場人物

気さくな性格と自分の腕に対する自信が見て取れる。 エウーゴと決着が着いてから「ハマーン」を裏切ればよかったものを。 また小説版では「ローレン・ハルツン」という名である。 エゥーゴの新型MSを持ち帰ることでバスクに恩を売り、保身を図ろうとしたのだ。 カツは馬鹿だからね。 しかし、し、を自在に飛ぶ敵機の動きに翻弄され撃墜されてしまう。 のユニットクエストにのみ登場。

もっと

ロベルト (ガンダム)

ゲームブック『』にはジオン軍当時の彼が登場する。 漫画『』でも生存しており、直前の頃には零落し、ネオ・ジオンのニュータイプ研究所所長となった旧知のナナイ・ミゲルに役職の斡旋を請う様子が描かれている。 にてシリーズの開発に係わっている。

もっと