サンジ ナミ 小説。 リクエスト

ワンピース検索・サーチエンジン|ONEPIECE ROUTE SEARCH

薄味ゾロナミ。 ルフィはただ落下していく。 「あの、その、下品な話聞かせてゴメンナサイ・・・」 一応発端は自分なので、サンジは代表でナミにビクビクと謝る。 「私がキスしても、サンジ君全然ドキドキしてない」 「・・・? してるよ?」 ほら、と胸を辿っていた手を上から握られる。

もっと

riariamakko ●サンナミ

ラビヤン!超特急!! ワンピース892話 派手に損傷しているサニー号に気づくサンジ。 「でも、お前には・・・・一番知られたくなかったかも・・・・」 なんだそりゃ?!だったら部屋に鍵でもちゃんと掛けとけよ!とゾロは苛立つ。 場所はナミのみかん畑。 「ルフィもこんな奴の何所が良いんだか・・・」 そんなみっともない言葉まで、らしくもなく呟いてしまう。 サンジは甲板にひらりと乗り移り、ルフィを甲板にドンッとつき飛ばした。

もっと

ワンピース検索・サーチエンジン|ONEPIECE ROUTE SEARCH

続けて、サンジが迷わずに海へと飛び込んだ。 耳には柔らかな弦の音色が心地好く、みんなが近くにいるという安心感に全身が蕩けている。 優しく優しく包み込んで、ナミを追い詰める。 右手の指先を固定し、慎重に刃を当てた。

もっと

はにほへといろワンピース

あの時と、空の青だって陽射しだって似てるのに。 あいつらはちゃんと飯食えたんだろうか。 ルフィとチョッパーはウソップ工場。 「は?」 「何言い出すんだお前」 ルフィとウソップが怪訝な顔でサンジを見る。 少し腹のたしになるもんも、持ってきますよ」 バツが悪そうな顔で、サンジはへらりと笑う。

もっと

小説

大人の足ならば、3時間程度で一周できそうなほどに、それは小さな島だった。

もっと

夢倉庫(ONE PIECE) (2ページ)

それは気が付いたら絡みついていて、じわりじわりとナミを締め上げ始めていた。 ちゃんと胃に物を入れてからでないと酒は出して貰えない。 そんなゾロの気配を感じたのか、ようやくサンジは口を開いた。 ルフィはそれを超えることが出来たのなら、今更そこに割って入ろうなど、 やってはならないとゾロは思う。 食っても食っても無くならないもんで海王類と分け合っても無くならないとか、 あんまり美味すぎてほっぺたが落ちて探すのが大変だったとか。 大体にして、サンジはナミに甘過ぎる。 メリー号の甲板で、賑やかな合唱。

もっと

夢倉庫(ONE PIECE) (2ページ)

「誰だよマキノって。 end. 「こんな時ぐらい、甘えろ」 おれ達はいつもおめぇに助けられてるんだぞ。 以前手を出しかけた時、サンジの蹴りをくらったからである。

もっと