東京 グール pixiv。 ハチミツ

東京喰種トーキョーグール

月山家の使用人。 命を賭して闘いに挑み、その中で彼の「弱点」を見つけるも、その攻撃全てを読まれ、一切傷を与えることも叶わず、死亡。 流島上陸作戦のときはホリチエと共に流島の「表側でない」埠頭で待機し、月山やカヤ、ニシキ、クロナ、アオギリ残党などを出迎えた。 速やかに駆け付けた旧多を一蹴すると、同じくヒナミ救出のためコクリアに侵入してきたかつての仲間たちと合流。 東京喰種トーキョーグール [JOKER] 第一部終了後から第二部『:re』開始までの間、二等捜査官の阿原半兵衛を主人公とし、パートナーである上等捜査官の鈴屋什造との物語が展開する。 12s;-o-transition:-o-transform cubic-bezier. 自分を「主 カネキ の剣」と称し、月山家の財力や後述の掘ちえからの情報で積極的にカネキをサポートする。

もっと

東京喰種トーキョーグール

アオギリからの脱出に失敗した後、バンジョーらと共に囚われていたが、カネキに助けられた。

もっと

グール (ぐーる)とは【ピクシブ百科事典】

不自由な生活の中トーカの妊娠が発覚してカネキと結婚し、ささやかな幸せをかみしめる。 幼児期捜査の手を逃れる際、保護していた雀チュンタに攻撃されて以来鳥を苦手とし、あんていくで飼っていた鳥ヘタレからも逃げ回っている。 24s;-moz-transition:height cubic-bezier. 奇襲を仕掛け、特等捜査官らをほぼ全員戦闘不能に追い込み、襲撃を免れた宇井やジューゾーとの交戦でも彼らを終始圧倒した。 自分を恨んでいないのかと問いかけるリゼに対し、これまでの出会いや別れ、多くの人たちに必要とされていたことを思い出し、自分が幸福であったのだと改めて実感する。

もっと

TVアニメ「東京喰種トーキョーグール」展

不知や才子らを辛うじて逃がすが、絶大な能力を有する彼に終始圧倒される。 ヤモリ一門。 カネキは時を同じくして地下室を訪れたシノハラ、ナキと月山は亜門とアキラと、シロやクロは什造と対峙する。

もっと

グール (ぐーる)とは【ピクシブ百科事典】

本編登場以前に夫を失い、温厚な性格から人を狩ることが出来ず、あんていくから食糧を受け取る生活をしていた。 近年の扱い 屍を好んで食べる事から近年ではの一種と見做されるようになり、特にコンピュータRPGではの同類として描写されることもある。 カネキは月山や万丈らと合流するも暴走を続けるが、万丈を負傷させてしまい猛省する。 その為か独白シーンでは度々小説からの引用で自身の心境が語られている。 聴覚に優れている。 穏やかな表情で矛盾だらけだった自分を受け入れ、冷静な判断力と圧倒的な量の赫子を駆使し有馬の隙を突き[フクロウ]を破壊し、無力化に成功する。 『:re』でかつては和修家の喰種であったが、旧多二福の手でVから逃走し、行き倒れていた所を鯱こと神代叉栄に拾われ、『神代利世』を名乗るようになったことが明かされた。

もっと

東京喰種:re (とうきょうぐーるあーるいー)とは【ピクシブ百科事典】

2014年からテレビアニメ化、2015年から舞台化、2017年から実写映画化された。 普段は捕食を除いてごく普通の生活を送っており、芳村よりリゼの喰場を譲り受けるが、所有権を主張するニシキに殺害された。 を参考にして、 物語全体の流れが理解できるように(も含めて)、をしないよう ご自身の言葉で。

もっと

喰種夢RANK

ウサギのマスコットを好み、マスクもそれに合わせていることから、CCGからは「 ラビット」の呼称が付けられている。 育ての親は功善の友人ノロイ(後のノロ)。 赫者としての圧倒的な力で捜査官達を倒していくが、ジューゾーや特等捜査官らの連携攻撃を受け次第に疲弊。 元アオギリの樹 霧嶋 絢都(きりしま あやと) 声 - 、(子供時代)、(子供時代、re) アオギリの幹部。 エトとしてアオギリで演説をしたのちに、事情聴取を受けた塩野からの情報で喰種である可能性が濃厚になったため、CCGに身柄を拘束された。 その後、カネキはイトリのバーでニコと再び出会い、アオギリの樹について情報を得る。 一方その頃、警備が手薄になっていた喰種専用の監獄 コクリアを狙ったアオギリの樹の別働隊の襲撃によって、多くのSS級以下の喰種が脱走していた。

もっと

喰種夢RANK

彼はオロチと渡り合っていたが、あることを言われたことで苦しみ始め、オロチを追っていた平子班とアキラに暴走とみなされ動きを封じられる。 高槻 泉(たかつき せん) エトの小説家としての姿であり、小柄な体型ではねた長髪が特徴的な女性。 カネキが竜と化した後、ヒデや亜門たちの仲介でCCGと協力。 死後、彼のマスクが外れた際、そこから覗かせた顔は既に白骨化した状態であった。

もっと