高等 裁判所 所在地。 全国裁判所の所在地・管轄区域 検索/一覧

全国裁判所の所在地・管轄区域 検索/一覧

- 、、(地裁・家裁、支部、家裁出張所地域)• 1992-1993• しかし,そのときに追加された3条1項(地裁)又は2項(家裁)に基づき,旧乙号支部における合議事件に関する事務を引き続き本庁又は旧甲号支部に取り扱わせることができるようになりました。 この審決取消訴訟については知的財産高等裁判所が第一審となる。 最高裁におきましては、日弁連との意見交換を重ねるなどする中で、労働審判事件取り扱い支部拡大の要望を認識してきたところですが、予想される労働審判事件数や本庁に移動するための所要時間等の利便性を基本としつつ、事務処理体制、労働審判事件の運用状況及び労働審判員の安定的な確保を含めた地域的事情、こうしたものを総合的に勘案しながら検討を行いまして、結論といたしまして、静岡地裁浜松支部、長野地裁松本支部、広島地裁福山支部において、平成二十九年四月から労働審判事件の取り扱いを開始することができるよう準備を開始することといたしました。 でもある。

もっと

知的財産高等裁判所

秋田支部(第2号法廷) 関連項目 [ ]• このうち1人が裁判長となる。 5番出口から徒歩2分程度。 第5民事部(第511号法廷)• 1972-1974• 第三部• (東大卒、2011年5月10日 - 2012年3月23日、委員長)• 第21民事部(第424号法廷)• 第1の1 総論 第1の2 裁判所の種類及び数 第2 高裁支部 第3の1 地家裁支部 第3の2 全国の地家裁支部の一覧 第4 裁判所支部の運営をめぐる諸情勢 第5 裁判所支部の所在地等 第6 裁判所支部に関する日弁連の考え方が分かるHP等 第7 合議事件取扱支部,労働審判取扱支部及び独立簡易裁判所に関する国会答弁 第8 家裁の受付出張所に関する国会答弁 *1 裁判所HPのを見れば,全国の市町村毎にどの高裁,地家裁及び簡裁の管轄になっているかが分かります。

もっと

地方裁判所・高等裁判所・最高裁判所の所在地

具体的な二十カ所について申し上げますが、前橋家裁中之条出張所、長野家裁飯山出張所、長野家裁木曾福島出張所、長野家裁大町出張所、新潟家裁村上出張所、新潟家裁柏崎出張所、新潟家裁南魚沼出張所、新潟家裁糸魚川出張所、和歌山家裁妙寺出張所、岐阜家裁郡上出張所、福井家裁小浜出張所、富山家裁砺波出張所、山口家裁柳井出張所、岡山家裁笠岡出張所、松江家裁雲南出張所、福岡家裁甘木出張所、大分家裁豊後高田出張所、熊本家裁御船出張所、宮崎家裁高千穂出張所、そして函館家裁寿都出張所の二十カ所でございます。 (京大卒、1993年3月 - 1994年3月、定年退官)• (1996年8月 - ? 長官)• が発足する。

もっと

東京高等裁判所の地図(Google Map)|地図ナビ

- 東京上等裁判所が設置される。 第44条で規定される、の裁決に対する訴訟の第一審(東京高等裁判所)• 第4民事部(第817号法廷)• 高等裁判所には最高裁判所の委任により規則制定権が与えられる。 でもある。 *2 裁判所HPのを見れば,全国の高裁,地家裁及び簡裁の電話番号等が分かります。

もっと

東京高等裁判所

裁判官会議は、高等裁判所長官を議長として、所属裁判官全員で組織される。 1971-1972• 概要 2017年5月時点において、高等裁判所は、、、、、、、、の全国8箇所に本庁が設置されている。 そして、民事控訴事件のうち、非技術型事件の控訴事件については第一審を取り扱った各に対応して全国8か所にある高等裁判所が管轄を有している。 外部リンク• 2 最高裁判所の実務協議会(冬期)は,新たに地家裁所長又は高裁事務局長を命ぜられた者が参加する協議会です。

もっと

裁判所支部(高裁支部,地裁支部及び家裁支部)

1951-1955• 2 レ号事件は必ず合議事件となります(裁判所法26条2項3号)し,行政訴訟事件は通常,合議事件となります(裁判所法26条2項1号参照)。 その他の事件 [ ] 東京高等裁判所の管轄に属する民事事件及び行政事件のうち、主要な争点の審理につきに関する専門的な知見を要する事件は知的財産高等裁判所が取り扱う(知的財産高等裁判所設置法2条3号)。 1989-1991• 第3刑事部(第410号法廷)• 知財高裁は東京高裁の管轄事件のみ取り扱う) 非技術型事件とは、、、著作者の権利(プログラムの著作物についての著作者の権利を除く)、出版権、、、不正競争による営業上の利益の侵害に係る訴えに関する訴訟事件のこと。 旧制度下の控訴院に相当し、1947年(昭和22)公布の裁判所法に拠 よ って発足。 2 執行集約4基準は以下のとおりです。

もっと

知的財産高等裁判所

高裁(こうさい)のがある。 地方裁判所(: Landgericht)の民事事件判決、及び(: Amtsgericht)の家事事件のうち同裁判所に設置される家庭裁判所の判決に対する控訴審• 特許法第178条第1項、第47条第1項、第59条第1項又は第63条第1項などで規定されるの審決及び再審の却下の決定に対する訴え• しかし,平成18年4月の労働審判制度の開始以来,各庁において事件処理のノウハウが一定程度蓄積されていることなどから,大規模支部を中心に労働審判事件の取扱庁の拡大が検討され,その結果,平成22年4月から東京地裁立川支部及び福岡地裁小倉支部において,労働審判事件の取扱いが開始されました。 高等裁判所の長たる裁判官はといい(裁判所法5条2項)、管内の上の事務を統括している。

もっと