おんな へん に くち。 部首

漢字を部首の画数から検索

「鬼部」は康熙字典では10画の部首であり、日本では10画に数えるが、現在の中国では9画である。 ( かんむり):上部の位置型。 字書における漢字の検索方法としては、部首索引のほか音訓索引や総画索引がある。

もっと

漢字を部首の画数から検索

また、現代の活字や楷書体では形状の差がないことから夂部と夊部、匚部と匸部はまとめられることが多くなった。 このような分類では、知識がないと部首を用いて漢字を検索できない。

もっと

部首が「むしへん」の漢字一覧

- さと、さとへん 八画 [ ]• - あめ、あめかんむり• +11画• その後、の僧侶の『』(242部首)、の・の『』(444部首)など、部首の数をしぼって索引の便を図った字書が出た。 - こめ、こめへん• - ゲン• これは、ほぼそのままの形である。 「志」の字の下側。 ; 衤 - ころも、ころもへん• 冠 かんむり 漢字の上側に位置する。

もっと

へんな女

- ゆみ、ゆみへん• 漢字の左・上・外に部首があれば、それを取る。 - うす• +17画• +18画• - み、みへん• - ほこ、ほこづくり、ほこがまえ、たすき、かのほこ• これは、字書では「金」の部に置かれる。 ;母 - なかれ、はは、ははのかん• - ねずみ、ねずみへん 十四画 [ ]• 例: 起は 走と己。 しかし、意符が部首になっていない場合は、便宜上字形によって分類するため、部首が分かりにくいことがある。 - あな、あなかんむり• - チョウ、においざけ• - はこがまえ• - はねぼう、ケツ、かぎ 二画 [ ]• 漢字以外でも、部首による分類は、漢字と同じ字形要素を持つ、や、漢字を参考にして考案された、漢字圏にある、などでも行われる。 - 争 (『漢字典』)• 「男」は田と力の会意文字であり、康熙字典では上部の「田部」に、説文解字では「男部」に分類している。 - ヨク、しきがまえ、いぐるみ• +7画• - さむらい、さむらいかんむり• 部首の数も非常に多く、「一」から「十」までの数字、「甲」から「癸」までの、「子」から「亥」までのがすべて部首になっており、その中には部首字から派生した漢字がなく部首字そのものしか属していない部首も多い。

もっと

部首が「むしへん」の漢字一覧

- ふしづくり、まげわりふ、わりふ• 例: 亘は上下の 一と日。 同一画数の部首は筆形順に並べられる。 中華人民共和国の部首 [ ] では部首と画数に加えての形(筆形)を利用することが多い。

もっと

漢字の部首の種類と部首一覧表《読み方付》|つくり・かんむり・へん・あし など

例: 国は と玉。 なお、部首索引での「 忄」から「心」部への誘導は『字彙』ですでに行われている。 一方で、部首は、原則として文字のグループに共通する意味を表すので、部首のつく位置は必ずしも一定していない。

もっと