だいたい こっとう え しょう。 大腿骨頚部骨折への手術方法の違いによるリスク、注意点とは?

大腿骨頭すべり症の概念:こどもの病気と整形外科

骨頭壊死は大腿骨の骨頭の荷重部位に発症することが多いが、膝、頭にも併発することがある [ ]。 大腿骨頭は血流障害を引き起こしやすい代表的な部位で、軟骨で被われた大腿骨頭が関節内に深く納まっているため血管が少なく、血流障害を起すと骨の壊死が引き起こされます。 なお、大腿骨頭が圧潰されるにつれて、これらの痛みの程度も増強する傾向があります。 ステロイドの服用量が減れば病変は縮小し、服用量が増えれば病変が新たにできる傾向があります。 関節の動きの制限も、はじめはたいしたことはありませんが、病気が進むにつれて、歩行困難などの運動制限がおこってきます。 詳しくは主治医と相談を 大腿骨頭壊死症にはさまざまな手術の方法があり、ご自身の骨を使うか、それとも人工の骨頭を使うかなどによって、メリットやデメリットは異なっていきます。

もっと

大腿骨頭すべり症 (SCFE)

メカニズムはわかっていませんが、いろいろなことが原因で起こるんじゃないかといわれていて、そのひとつの原因を遮断することで、起こりにくくすることが可能なのではないか、ということぐらいまでわかっています。 はっきりとした原因が不明であり、治療が長期間に及ぶことが多いため、わが国では指定難病となっています。 これに対して現在予防法の開発が進められています。 骨が潰れなくて済むようにする治療です。 死んでいる骨の範囲が大きいと早く潰れる人が多いように思いますし、逆に小さいと、症状がないまま生活をしていて、大腿骨壊死症が発生しているかさえわかっていない方もたくさんいらっしゃいます。

もっと

部位別診療ガイド

バンド像は修復組織を意味する) 大腿骨頭壊死の発症 (レントゲン(A)では骨頭が潰れて変形しているのが分かる。

もっと

大腿骨頭壊死症とは

手術が必要な状態であればかかりつけの医師が手術可能な病院を紹介してくれることでしょう。

もっと

大腿骨頭すべり症の概念:こどもの病気と整形外科

タイプ分類(厚生労働省研究班の大腿骨頭壊死症病型分類より一部改変) 大腿骨頭壊死は壊死の箇所により、上図のようにType A、Type B、Type C-1、Type C-2の4種類に分類されます(厚生労働省病型分類)。 手術1 :大腿骨内反骨切り術 健常部分が荷重部にかかるように、壊死している部分を荷重部(外部から力が加わる部分)から内側に移動させ、ご自身の関節を温存する手術です。 世界中で研究をしていて、いいところまでは来ていますが、決定的な原因まではわかっていないのです。 アメリカからの研究で、コレステロールを下げる薬を飲むと発生しにくくなるという報告も一部にはありますが、日本の研究ではそれほど差は出ていないですし、残念ながら予防法については、まだ明らかではありません。 ただし、症状の重さや部位によって選択できる手術は変わりますので、詳しくは主治医とご相談ください。 また、原疾患(大腿骨頭壊死のもととなった疾患)によっては大腿骨頭壊死が起こりづらい場合もあります。 大腿骨頭回転骨切り術 大腿骨頭回転骨切り術は、基本的には大腿骨内反骨切り術と同じような方法で手術を行いますが、違いは壊死している部位を前方または後方に移動させることです。

もっと