聖女 など 不要 と 言 われ て 怒っ た 聖女 が 一 週間 祈る こと を やめた 結果。 108 9月23日、次の花嫁②

ビクトル・ユーゴー Victor Hugo 豊島与志雄訳 レ・ミゼラブル LES MISERABLES 第一部 ファンティーヌ

それを振り切ったときの 微 ( かす )かな 眩暈 ( めま )い。 「余もまた彼らのごとく医師に 非 ( あら )ざるか。 しまは、そこに在った丹前を父の寝姿の上にかけました。 教えていただき、ありがとうございます。 ディーニュでは 薪 ( まき )がきわめて高かったので、彼は牛小屋のうちに一つの部屋を板で仕切らせることを思いついた。 たいてい司教会員である司教書記を毎日引見し、また管轄の 主 ( おも )な助任司祭をほとんど毎日引見しなければならない。 「わが母」はそういう性分の女でした。

もっと

ビクトル・ユーゴー Victor Hugo 豊島与志雄訳 レ・ミゼラブル LES MISERABLES 第一部 ファンティーヌ

また、その人。 巾着の中には戸籍抄本と子供の臍の緒が入っていました。 かようにして虚栄のために墓まで用うるとは、人間というものは何と才知に 長 ( た )けてることか。 」 正午に彼は昼食をした。 」 「今年はチフスがありましたし、二年前には 粟粒発疹熱 ( つぶはしか )がありましたし、そんな流行病のおりには、時とすると百人もの患者がありますが、実はどうしてよろしいかわからないのです。 そこで体勢を立て直し、棒のような脚を踏み拡げ、大きな靴をぱか/\いわしながらこちらに向き 更 ( か )えるまでの不器用さは一騒動でした。 家へ帰って来ると母は、 しまに、 「どうだったい。

もっと

言葉の杜

「土地」に関わり、見張っている場所。 実際断頭台がくみ建てられてそこに立っている時、それは人に幻覚を起こさせるだけのある物を持っている。 しかおどし。 安宅先生は、体操の女教員でした。 むっつりして眼鼻立ちが立派についている。

もっと

岡本かの子 生々流転

怖々 ( こわごわ )、手を近づけて行くと、蝗はそろ/\葉裏へ移り廻って行き、わたくしが思い切って眼をつぶって葉を握ると、露が冷たく掌に握られて蝗は樋の水に斜に落ち込んだまゝ、ぐい/\水に流されて行きます。 」 時として司教は軽い 冗談 ( じょうだん )の口をきいたが、そのうちにはいつもたいていまじめな意味がこもっていた。 「 私にもまた自分の貧民があるんです。 ある日司教は大会堂で次の説教をした。 いかに彼は金を受け取っても、手には一文もなかった。 だが、今まで見つけて来た男というのは主に下町の男たちで、何やらにちゃ/\したものと 洒脱 ( しゃだつ )のものと入れ混っている不得要領な感じがしました。 時としては十二人の集まりとなることもあった。

もっと