こころ 青空 文庫。 青空文庫のおすすめ作品はどれ?無料で名作本が読める!PC・スマホもOK

夏目漱石 門

もっと前へ進めば、私の予期するあるものが、いつか眼の前に満足に現われて来るだろうと思った。 この巡査に 遇 ( あ )ってから、悪いものは、泥棒じゃなくって、 不取締 ( ふとりしまり )な主人であるような心持になった。 君に分りますか」 私は何の答えもし得なかった。 私が 陸 ( おか )へ上がって 雫 ( しずく )の垂れる手を振りながら掛茶屋に入ると、先生はもうちゃんと着物を着て入れ違いに外へ出て行った。 窓に黒い鳥影が 射 ( さ )すように。 やっぱり何かやりたいのでしょう。

もっと

『こころ』夏目 漱石 ◀ えあ草紙・青空図書館(無料・縦書き)

ある時は静か過ぎて 淋 さびしいくらいであった。 しゅうと湯が 沸 ( たぎ )って 七輪 ( しちりん )の火へかかった様子である。

もっと

青空文庫の人気おすすめランキング10選【こころやなども紹介】

その 内 ( うち )いつの間にか先生の食卓で 飯 ( めし )を食うようになった。 自分もこの猛烈な焙りかたには驚いた。 そうして、 突然 ( いきなり ) 隔 ( へだ )ての 唐紙 ( からかみ )をがらりと開けた。 いう必要がないんだから」 先生はようやく 得心 ( とくしん )したらしい様子であった。

もっと

夏目漱石 永日小品

それでも生れ付が非常な 癇性 ( かんしょう )なので、よほど苦しくないと決して 凝 ( じっ )としていなかった。 けれども言語は普通の 英吉利人 ( イギリスじん )と少しも違ったところがない。

もっと

夏目漱石 こころ

(奥さんの名は 静 ( しず )といった)。 魔に襲われたような気分が二、三日つづいた。 時々薄青い 焔 ( ほのお )が炭の 股 ( また )から出る。 高い笑い声などの聞こえる試しはまるでなかった。 小六 ( ころく )の 苦 ( く )にしていた 佐伯 ( さえき )からは、予期の通り二三日して返事があったが、それは 極 ( きわ )めて簡単なもので、 端書 ( はがき )でも用の足りるところを、 鄭重 ( ていちょう )に封筒へ入れて三銭の切手を 貼 ( は )った、叔母の自筆に過ぎなかった。 私は先生と別れる時に、「これから折々お 宅 ( たく )へ伺っても 宜 ( よ )ござんすか」と聞いた。 ときたまご 馳走 ちそうになって、奥さんが席へ現われる場合などには、この関係が一層明らかに二人の 間 あいだに 描 えがき出されるようであった。

もっと

夏目漱石 永日小品

勝手の方で清がしきりに笑っている。 「いつとも書いてないがね。 犯罪の内容に対してあまりにも大きな処罰を受け、心の傷を追った彼は、ミリエルという名の司教に出会ったことがきっかけで、人間性を取り戻し、改心をします。 年齢 ( とし )の話はそれぎりやめてしまった。 それで夏休みに当然帰るべきところを、わざと避けて東京の近くで遊んでいたのである。

もっと

夏目漱石 道草

火鉢には新しい 切炭 ( きりずみ )が 活 ( い )けてある。 私は 会釈 えしゃくして外へ出た。 その 内 うちいつの間にか先生の食卓で 飯 めしを食うようになった。 上皮 ( うわかわ )の動く具合だけで、どんなものが、水の底を流れるか全く分りかねる。 鼠 ( ねずみ )が何か 噛 ( かじ )っているんだ、安心しろと云うと、妻はそうですかとありがたそうな返事をした。 先生はそれでなくても、冷たい 眼 まなこで研究されるのを絶えず恐れていたのである。 私は黙った。

もっと

こゝろ 夏目 漱石:文庫

それぞれの心理描写が淡々と鮮やかで、挟まれる季節の描写等もとても綺麗。 私はすぐ玄関先を去らなかった。

もっと